6月5日、東京・代々木第一体育館で開催された『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』ジャパン・プレミアにいってきました。
 下の記事に書いた通り招待客として侵入。
13時からブロック引換とのことで13時頃に列に並ぶことに。並んだ時には入り口付近まで招待客が並んでました。
パラマウント系の試写会は、はじめて参加したのですが、こんないい加減な試写会があるものなのかと少し仰天。


仰天?
ブロック座席指定と書いてあるものの座席指定されていない。
エリア内ご自由にどうぞという感じ。雨が降っている中、それなら入場券もらうのに1時間半もかかるのは要領悪すぎ。 
仰天?
入場の際、入場券のチェックなし。持ち物検査なし。
極端なこと言えばセキュリティー0のテロリストも参加で来ちゃう試写会。
入場する際ぐらい入場券を見るとかしたほうがいいのでは?
要するに入場券を持っていようが、持ってなかろうが誰でも入場で来ちゃう試写会という事です。
仰天?
アリーナだろうが、1Fだろうがエリア内に入るとき、入場券のチェックなし。
要するに、アリーナの券でも1Fでみれて1F券の人でもアリーナで見れるって言う事です。
仰天?
お土産はチラシオンリー。パンフレットぐらい入れません?スター・ウォーズの時は全部参加しましたがプレス向けのかなり豪勢なパンフレットが毎回入っていました。チラシだけって…。
仰天?
外追いやられたライセンシーのテント(一応ブース)。
見てた人いなかったような?
スター・ウォーズの試写会の時は小ホールを貸しきって各ライセンシーブースがあり、とても盛り上がっていましたがあれは少しないだろうっと。
いつもお世話になっているコトブキヤさんには挨拶しました。
仰天?
ゲストの時だけ写真撮影禁止?何度もこのブログでも書いていますが日本の悪い習慣、撮影禁止。
何度もスター・ウォーズの試写会の時と比べますが、舞台挨拶の時も撮影はOK。
仰天ネタはさておき、今後このメンバーが揃っての試写会はないと思うくらい豪勢なメンバーでの舞台挨拶でした。
あまり表に出ないジョージが舞台挨拶に立つとは思っていなかったぶん感動しました。ハリソン・フォードはダンディーでかっこよかったです。イメージとは違いジョークなど会場を盛り上げるとても気さくな人なんだな感じました。レッドカーペットでも丁寧にサインに応じていました。
映画の感想は続編製作について19年も待たされたほど「すっごく面白い」という映画ではないような気もします。
19年もたってしまうとインディ・ジョーンズの世界観がこれほど変わってしまうのかと少しファンとしては残念な感じもします。
やはりシリーズ映画は数年のスパンで製作してもらわないとダメなのでしょう。
例えば「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズが19年後にやっと続編ができたときのことを考えるとジョニー・デップ65歳、オーリー50歳とあまり見たくないような感じの映画になるのと同じようにヒットした後の数年スパンでシリーズはやるものだと今回思いました。
 インディ博士の19年後にどんなことが待ち受けているのか?そして19年の間に何があったのか?そして結末は???
 シリーズ最新作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』は6月14日(土)、15日(日) 先行上映、6月21日(土) 日劇1他全国ロードショーされます。
前売り券をゲットしてぜひ映画館でインディ・ジョーンズを楽しんできてください。


Category: 映画

『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』ジャパン・プレミア への1件のコメント

  1. yuna より:

    私も行きました!本当にいい加減でしたよね…でも、ジョージ・ルーカスを見れたのは嬉しかったです!すてきでかわいいおじ様でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


 

2019年4月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

お問い合わせ

コンタクトが必要な方は下記のページからご連絡下さい。

http://www.indyjones.jp/contact.php